商談相手に対する第一印象を決定付ける要素(メラビアンの法則)は、目から入る要素(身だしなみ、表情、動作)が55%、耳から入る要素(声の調子や話し方)が38%、話の内容が7%だそうです。







電話イラストでは、電話の場合は、どうなのでしょうか?
電話では目から入る要素は、もちろん受け手の環境しかありません.こちらの、表情も、身だしなみも分からないのですから当然です.その分耳からの要素と話の内容がほとんど占めると思われます.55%が割り振られると言う事は、耳から入る要素にかなり集中され判断され話しの内容へ進むと考えられると思います.
 
第一印象ですから折角の良い提案も、話の内容に進む前に勝手に判断されてしまいかねないと言う事です.

その為にも、入り口の声のトーンは特に気をつけるべきだと思います.あからさまに元気のよすぎるのも、声の小さすぎるのもNG.いきなり自らを名乗りもせず、○○担当の方いらっしゃいますか?など言語道断!!
悪い第一印象の典型です.他まだまだいろいろな要素は書き切れませんが、気をつけるべき点と考え、頑張って行きましょう.