IT営業支援&webマーケティングのIWJブログ

IT営業支援・webマーケティング・web施策提案のお仕事をしてます。企画書、事業計画作成などの制作サポートまで、困ったを裏方でお手伝いします。!!詳しくはホームページもご覧ください。

初めてのIT営業エッセンス|アナログとデジタル営業の違い

初めてのIT営業エッセンスは、
社内のデジタル対応・ソリューション営業についたが、
どう立ち回ればよいか、悩んだら!!
をテーマに書いていきます。

さて、今日はアナログ、デジタル対応
の違いの考察です。

アナログからデジタルになるとなにが違うんだ?
ここがわかっていないと、今後出てくる様々な課題
に対応できません。

ソリューション営業や社内で自社の広報、販促などデジタル対応
を考えてくれと言われることもあります。

個別の業種業態によってソリューション営業、デジタル対応といっても
業務内容が全く違うのでひとまずここは考えないようにしましょう。

大きなくくりで考え方の違いで見ていきたいと思います。

まずはじめに私の経験では人に説明するのに
見せる物がないと言う事でした。


どういう事か?

顧客に説明するにしても社内に提案する場合でも
頭の中には、流れやイメージがある事を
話す方が想像できているかと言うとそうではありません。
これは何度も、打ち合せ参加にての結論です。

アナログ営業は、物を見せてこうやって使います
とその場で見せる事が出来、触ってもらう事も出来ます。
両者が共通認識を持つ事が出来ます。

大きな考え方の違いはこのような所です。
この部分を初めて担当になったときは、
頭に入れておきます。

ではこの先どう対応して行くかは
今後も書いて行きたいと思います。

今回はこの辺で!!

吉本興業会見からコミニュケーションの重要性を学ぶ!

連日報道されている芸人と吉本興業の
会見を耳にして勉強になります。

特にこの部分
宮迫氏の説明の
テープ回して無いやろな!!
演技がうまいので強面の
方から言われている雰囲気?

岡本社長の説明の
テープ回してんちゃうの!
冗談?で言った。

と内容は同じでも声のトーン、目つき
場の雰囲気によってまったく違います。

言葉を発する側と受け取る側では
まったく違う取り方をすることがよくわかります。

また、それを第三者が聞いた場合、説明する人により
聞く側でも受け取りが違ってくるなと感じます。

これは、一般の社会でも営業時など打ち合せや、クレーム対応などの
場合、このような事は、たまにあります。

いまいちど、報告、連絡、相談など仕事上の
コミュニケーション時は、良く考えた
ほうが良いと思った今日この頃!!



定額使い放題のサービス乱立!!ユニ・チャームが業界初の保育園の紙おむつ5

ユニ・チャームが業界初の保育園の紙おむつ、
定額使い放題を開始したようです。

このところ定額の使い放題サービスが増えてますね。

 紙おむつ最大手のユニ・チャームが、保育園向けに
乳幼児が使う紙おむつを定額で使い放題とする
サービスを始めたようですね。

とても良いサービスですね!

保護者が
おむつを持参する必要がなく、需要が多いと判断したとのこと。

上記の部分がビジネスチャンスと思われます。
他の業界でもこのようなビジネスチャンスは
あると思われます。

メーカーによる子ども用紙おむつの定額制導入は初めてらしい。
今年初めから導入先は既に13都府県の100カ所
近くに上っており、普及が加速しそうですね。

注目は、
保育士の人材サービスを手掛ける大阪の企業と提携して
実現したところで、販路がきっちり出来ている所が普及の鍵と言えると思います。

月額は週5日登園で0歳児が3240円、1歳児が3024円、2歳児が2700円。
おむつの大きさは5種類を用意した。ターゲットも明確で、金額も多分事前調査
して決定していると思われます。

とても良いビジネスだと思います。

他業界などで参入するなら、ニーズと販路、ターゲットの明確化が
重要であると参考になりました。

はじめての新規営業電話術 質問で分かる認識の違い?

電話により営業コールでは、
必ず認識の違いが発生します。

初めての電話にてお話ししている訳ですから、当たり前です、
先方はどんな内容かは全くわかりません。

少しづつどんな会社で今回のお電話の目的と進んで行く事になります。
目的の部分がお客様に少しでも興味、役に立つ、探していたと言った
接点が発生し、初めて具体的な話になってきます。

この具体的な話と言っても別に売り込む訳ではありません。
前にも書いたかもしれませんが電話では売り込まない
これ基本です。
要するに接点を作る為に、お客様の状況等を確認して行く訳です。
それが質問です。

認識の違いにもどりますが
例えばこんな事がありました。
こちらはあるサービスを、提案したいと思ってます。
そこで、
「○○の、ご案内でご連絡致しました、御社では
今後ご予定はいかがでしょうか?」

そうすると、
「この前、導入したばかりなので考えてません。」
と言われたとしましょう。

そこで、疑問が出るか出ないかによってチャンスになるか、
なくなるかに分かれます。

疑問は何か。この場合、この前?いつなんだろう?
という事が浮かびました。

とっさに、「ご導入の時期はいつ位なんですか?」
と質問してみました。

すると「2年前位です」と言われました。
私は1、2ヶ月位なのかと勝手に解釈していましたが、2年とは。

これがギャップ、認識の違いです。

こう言った事は常におこります、質問のしすぎは、
なんでそこ迄となりますが、ちょうどよい質問は、大切な事です。

では今回はここまで!

はじめての新規営業電話術 急がば回れ?

急がば回れとよく言われますが、営業コールでも、
そんな経験をしたことがあります。

ある会社A社に弊社○○のデモをしたいと考え、A社に連絡をして、
担当の方宛に繋いでもらいました。
何の件ですか?とても忙しそうな雰囲気が伝わってきました。
手短に、○○に関してお話しし、ご面談へと進もうとします。

ところが、間にあってるからと特徴等を話する間もなく、
切られてしまいました。
こんなことは、よくある話です。

そこで、A社がある大手の子会社であることを知っていたので
A社の親会社へ連絡してみました。

親会社の担当の方とお話し・・・・
貴社の関連会社、A者様へご連絡致した方が
よろしいでしょうか?
そうですね、そうして下さい。ありがとうございます。
となりました。この流れはなかなか難しいですが!!

再度A社へ。
○○社様にお聞き致しまいた所、御社にて・・・・・・・・は、
お取り扱いとお聞き致しまして、ご連絡致しました。
どんなものですか?
詳細説明へ・・・・・・・・。
では、一度ご説明にお伺い致します。ありがとうございます。
となったのでした。

ただ、サービス・製品により、一様にこうはなりませんが、
この時は、急がば回れの意味が体験出来た気がしました。

ではまた!!
プロフィール

katoです

担当加藤です
お気軽にご不明な点はご相談ください。

Twitter プロフィール
フォローどうぞよろしくお願いします。
月別
コメントありがとうございます
  • ライブドアブログ